読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想観想喚想

スポーツ観戦、読書の感想に私観のよる独りツッコミ。

 昨日のカープvsジァイアンツは首位攻防3連戦勝ち越しを賭けるにふさわしい緊迫した試合だった。

 カープの大瀬良はランナーを背負うも粘りの投球で無失点で切り抜け、ジァイアンツ宮国も6イニングを犠牲フライの1点のみで抑えゲームはつくった。

 この試合で明暗を分けたワンプレーは7回の犠牲フライホームでのクロスプレーだった。先頭の石川がフォアボールで出塁し俊足の重信が代走。続く橋本はサード安部のエラーでチャンス拡大。ここで小林はきっちりバントで同点、逆転のランナーを得点圏に進める。そして好投の宮国に代えて代打はベテラン亀井。否が応でもジァイアンツファンのボルテージは上がる。そして運命のレフトフライが上がる。

 亀井の打球はランナーが阿部なら絶対に走らせないような浅めのレフトフライ。打球を見てサードランナー重信は帰塁してタッチアップのスタンバイ。レフト松山は超強肩ではない。ここは俊足重信の見せどころ。松山はキャッチからノーカットバックホーム。重信のスタートも完璧と言えよう。返球はワンバウンドでバックホーム一直線。重信はホームベース目掛けてスライディング。キャッチャー会沢キャッチから素早くタッチ。砂煙舞う際どいクロスプレー! 会沢とネクストバッター立岡が互いに審判へアピール。審判のジャッジは、アウト!

このプレーに高橋監督はベンチを出てビデオリプレー。しかし、判定は覆らずアウト。これでジャイアンツは同点を逸し接戦の末敗れた。

 このシーンを使用制限の掛かったスマホで自分なりに検証してみた。

 まず亀井の代打。球数は少なく失点1だが中盤佳境好投宮国にベテランの数々の殊勲打を放っている亀井への代打は問題ないだろう。

 亀井のバッティングだ。外角高めの変化球に手が出てしまう。事の始まりはこの中途半端なバッティングのせいだと言えよう。足の速い代走の重信は自重すれば「ここで走らなければいつ走るんだ! 」状態。ジャイアンツファンは重信なら行ける! そう確信したに違いない。重信は心の中でこう思っただろう。

「うわー全然伸びねーよ。亀井さんマジ勘弁」

亀井が打ち上げて慌てて帰塁する姿がそうな風に映った。

「これ躊躇したらダメなやつだな。走っても走らなくても監督、絶対あそこがキーポイントだったって言うんだろうな。何で今日に限って宮国好投しちゃったんだよ」

こうして重信は腹を括らざるを得なかった。

松山が落下点に入る。体勢は万全だ。グラブに吸い込まれた白球は弓を射るかの如く力強く張られた右肘からホーム目掛けて放たれる。

この時重信が動いた。

スタートは完璧。まさに走塁の神鈴木が再臨したとファンは誰もが息を飲んだ(かもしれない)。そしてその映像は神々しくかった(速度制限の掛かったスマホでは所々止まるため、完璧なフォームで走る重信が映っている時に映像が止まると背景がブレ、ナイターなので照明がフレームを明るくボヤけてさせ重信は神のように映るのだ)。

その時重信は思った。

「マジかよ。あのアンパンマンぱねぇバックホームしてきやがった。しかも、イチローさんみたいにレーザービームじゃなくほどほどの良い塩梅のワンバウンド。クソッ! いい球返すならもっとビシッとくるやつ返せよ。うわっ、会沢も良いポジショニングしてやがる。もう行くしかねぇ」

重信の脳裏には高橋監督の「若手が出てこないと」という言葉よぎった。

「嫌だ、もう二軍は嫌だ。陽が、陽が近づいてくる。来るな来るナァァァァ」

その時キャッチャーの会沢は思った。

「ナイスボール、アンパンマン任しておけ。こいつにホームは譲らねぇ。俺はイケメンがきらいなんだ〜〜〜喰らえアンパンマンからのバックホームだ、ア〜ンパ〜ンチ! 」 

会沢に躊躇はなかった。ホームをスライディングで狙う重信の顔面目掛けてカウンターを放つ。重信は弾き飛ばされる。

「やった! もうアウト、セーフなんでどうでも良いや。チョーキモチイイ! 」会沢がそう言ったかは誰にも分からないがベンチ裏で左拳を見てニヤけている会沢の姿があったとかなかったとか。しかし会沢は平然と言い放った「タッチだけは強くいこうと思った。最低限の仕事が出来ました」と。

 誰もが固唾を飲んだ判定の瞬間。

 主審の名幸は仕事熱心な職人であった。つねに毅然と公平をもっとうに審判を下してきた。その自負を胸に今日まで判定をしてきた。しかし、このプレーがその自負を揺るがす事になるとは想像だにしなかった。

「 ボールが返ってきた。ポジショニングはO.K. ランナーの走塁軌道は、キャッチングは」

名幸の目は今日も全ての挙動を見据えている。その時悪魔(会沢)が囁いた。

「こいつの顔、よく見てくださいよ。こいつを今日のヒーローにして良いんですか。またこいつにG-joが群がっちゃうな〜名幸さんて、お嬢さんいらっしゃいましたっけ? 」

名幸の心隙間に忍び込ませた。

「いかん、惑わされるな! 」

気を逸らしたその瞬間スライディングする重信と会沢のタッチ(パンチ)交錯する。その時、名幸の目に重信の顔が飛び込んだ。人気球団の今時風の若者。G-joが群がる? 会沢のいった言葉の意味をやっと理解した。

「わしの娘に手を出す気かー!」

名幸はもはやホームを見ていなかった。会沢に殴り飛ばされた重信の顔を鬼の形相で睨みつける。

「二軍は嫌だ」重信はすがるような目で名幸を見上げた。その行為は悪魔に魅入られた名幸の怒りを増幅させてしまった。

「貴様〜〜〜、誰がお父さんだ〜〜〜! 娘には近づけさせんぞ〜〜〜! 」

目の前が明るくなった。どよめきが聞こえる。青白くなった重信の顔が見える。高橋監督が近寄って来た。リプレー検証の要請だ。覚えていない。ただ右手親指に確かに自分がアウトと下した感覚がある。

 審判団が集まり協議をするなか名幸は検証画面を見ることができなかった。肝心のホームベースを見逃したなど口が裂けても言えない。

「タイミングはセーフにも見えるけど」胸が張り裂けんばかりだった。

「でもこのアングルだと微妙ですね、土煙も上がっちゃてるし」

神の救済だ。このままはっきりしなければ審判の判定通りでも通るのでは? 

「長引かせられないですよ。はやく結論を出さないと」

そうだ、決断は我々が下すのだ。グラウンドでは神なのだ! 見えないのならばやれが裁く。

 この一連の騒動はリプレー検証の結果判定は覆らずダブルプレーが成立し、カープが接戦をものにしたのであった。

 

 検証は著しく主観(妄想)に基づく物であり登場する選手、審判の言動等はフィクションであります。

 

会沢翼選手

松山竜平選手

重信慎之介選手

名幸一明審判

誠に申し訳ございませんでした。怒らないでください。

 

 

 

 

水曜誠司でしょう

 打率1割台の低迷にあえぐ正捕手ジャイアンツの小林誠司選手。ジャイアンツファン女子(G-joと呼ぶらしい)には甘いマスクで人気らしい。

 昨年は強肩で盗塁阻止率は高くもあまりの低打率で初心に帰ると言わんばかりに自ら丸刈りにしたが、小林女子ファンは阿部が丸刈りに追い込んだと見て敵に見なしているに違いない。

 しかし、丸刈りにされて(?)発奮できたのはWBCまでだった。オープン戦は調整中、WBCではノーマーク。伏兵の大活躍する余地はあった。今回のWBCは小林の活躍があったからのも一因だと認めざるを得ない。

 しかし、シーズンに入ると「ありゃ、また戻っちゃったよ」と落胆させてしまっている小林。彼はいったい何者なのか。

 ひとえに彼は純粋な日本人なのだろうと思う。気弱で優しすぎるのだろう。だからヒットも控え目、たまに鬱憤を晴らすかのような大当たりは少ない。マイコラスにキャッチングで責められても「すみません」と言ってるように見えてしまう女房役。ベンチ裏でDV受けてないか心配になる。

 しかし、上司・同僚を怒らすような緩慢なプレーが目立つ事は確かである。ホームでのタッチプレーをしなかったなどプロらしからぬプレーをやらかす。阿部が万全なら阿部を使うだろうが阿部も故障持ち。控えもベテランで将来を託されているプレッシャーも精彩を欠く原因なのかもしれないが、それを乗り越えないと「与えられているだけの正捕手」で終わってしまう。

 しかし、彼をG-joだけの癒しにして良いものか? 彼こそサラリーマンプロ野球選手ではないか。

 高校では広陵高校で甲子園に出場し、同志社大学へ、1位指名ならそのままプロも指名は無く日本生命へ、そこで社会人No.1捕手の実績を提げ、石川歩の外れだがドラフト1位指名でジャイアンツに入団というキャリアだけを見ると間違いなくエリートだ。しかし何か物足りない。

 彼はとても優等生なのだろう。先輩の言う事は聞くし、コーチからの叱責も真面目に聞いているのだろう。そして新聞の自分の評価も気にしてチェックしていそうだ。どこかそんな雰囲気を感じてしまう。

 どからマイコラスに怒鳴られてもどこか新しく引き抜かれた外資系上司に怒鳴られているようにも見える。

「Why japanese catcher ? なぜそのまま流し受ける!メジャーじゃありえない! 」とか脳内通訳が聞こえる。

 どこか「ここをこうやればいいんだ」みたいな教科書通りで臨機応変のいやらしさがない。真面目くんなのだと思う。キャリアは申し分ないのにプロの資質にいまいち欠けているのではないだろうか。

 でもサラリーマンにもみかけますよね。キャリア申し分なし、人柄穏和、顔もそれほど悪くない。だけどズルさがなく真面目過ぎて空回りして浮いてしまう。まして結果だけを求められるエリート集団に入って「あいつ、つまらない奴」とか陰口叩かれている人。それがジァイアンツ小林だと思っている。

 だが、そこがなんとなくアンチジァイアンツファンでもどことなく憎めない存在なのだ。

 昨日のカープ戦でも小林劇場の一幕があった。

 今シーズン開幕から全出場であるのにもかかわらずようやくの初長打の二塁打(ようやく2桁安打)を放つ。リードを広げるチャンスメイク。しかし、そこが小林の本領発揮なのだ。ここから『水曜どうでしょう?』の一幕風に言うと

「 せっかく手に入れたサクセスを誠ちゃん牽制死で台無しにしちゃうの」

 せっかくの初長打で得点圏に出たのに牽制死でチェンジ。その直後連打を浴びて同点、焦りからエラーまで犯してしまう。チャンスに浮かれてる訳ではなかろうが評価を上げて自分で落として空回りからかミスを重ねる。

 小林誠司プロ野球選手として見るかG-joのアイドルと見るかサラリーマンの哀愁と見るかは人それぞれ。なんだかんだまだ序盤で何がキッカケでWBCの時のように確変モードに入るかわからない。今後も小林の打率と劇場に要注目。

 

 

 

 

新鮮味のない新戦力

 前回の3連戦はセ・リーグ覇者カープが3連勝で下した2位ジャイアンツとの3連戦第二幕初戦はジャイアンツの菅野が完封で前回のリベンジ。前回はエルドレッド、新井にアベックホームランを二度も踏んでらしくないとは思ったが、今回はやはり今年も菅野相手は厳しいと実感する内容だった。

 ここでの関心は先制の決勝ホームランを打ったマギーだ。正直楽天優勝には貢献したけど、三人もFAの選手とってまだ補強するのかよ。というのが本音だったがFA獲得組がことごとく期待外れのなか勝負強さは健在のよう。

 怪我で一軍どころか三軍調整の山口、陽は問題外だが一軍で投げた森福も期待に応えられず2敗を喫して降格。もともと左相手のワンポイント要因でしかなかったから今まで通りの使い方だったら違ったのだろうけど改めて右打者への苦手を露呈してしまった感じだ。本人がワンポイントが嫌だったからFAしたみたいだけど、おとなしく左のワンポイントでいけば昔のマリーンズ、ドラゴンズを経てきた前田幸長みたいにそこそこ結果は残せるんじゃないかなと思う。

 「複数年契約は最後の年しか 働かない」という事を去年まざまざと見せつけた村田は再契約した今年はマギーからポジションを奪えず代打要員。去年はおサボりしていた感じの今年最後の契約年になるマイコラスはメジャー行きのために躍起になっている。

 いっそFA組の出番が無くなる状態になったらそれはそれで良いのだろうが、総額21億に見合う活躍はその三人に出来るのだろうか。また来年誰を取る気なのだろうか。

 

皆さん、こんにちは。

『感想観想喚想』を目にしてくださっている方、見てしまった方、有難うございます。

はじめに予め自己申告しておきますね。

このブログに有益な情報は掲載されません。あくまで主観に基づいた感想を勝手に発信するブログなので、誤った解釈が出るかと思いますがあまり目くじらを立てずに「なんか言ってるよ…」程度で流していただけたらと思います、よろしくお願いします。

このブログのタイトルは「毎年恒例行事となっているノーベル文学賞獲得なるか⁈ 」で話題となってしまう村上春樹の作品『ダンス・ダンス・ダンス』の韻を模したもの! ではありませんが、これから取られたであろう競走馬「ダンスダンスダンス」(レコードを鳴らしませんがレコードタイムを持っていた牝馬です)からの韻です。

なので「・」はありません。こんな風に個人的な無駄なこだわりとダジャレが散らかります。

スポーツは観戦していなくても結果やニュースから酒呑んでテレビにゴチャゴチャ言うオヤジのように喚き散らします。

読書感想は書評を書けるほどではないのでネタバレさせてしまう恐れが高いのでツッコミが多くなるでしょう。

時事ネタは疎いので時折、酒場でボヤいているオヤジ殿たちの哀愁溢れる心の叫びを代弁するでしょう。

いきなり毒舌が飛び出す事がありますのでご注意下さい。

以上、『感想観想喚想』予報でした。