読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想観想喚想

スポーツ観戦、読書の感想に私観のよる独りツッコミ。

 昨日のカープvsジァイアンツは首位攻防3連戦勝ち越しを賭けるにふさわしい緊迫した試合だった。

 カープの大瀬良はランナーを背負うも粘りの投球で無失点で切り抜け、ジァイアンツ宮国も6イニングを犠牲フライの1点のみで抑えゲームはつくった。

 この試合で明暗を分けたワンプレーは7回の犠牲フライホームでのクロスプレーだった。先頭の石川がフォアボールで出塁し俊足の重信が代走。続く橋本はサード安部のエラーでチャンス拡大。ここで小林はきっちりバントで同点、逆転のランナーを得点圏に進める。そして好投の宮国に代えて代打はベテラン亀井。否が応でもジァイアンツファンのボルテージは上がる。そして運命のレフトフライが上がる。

 亀井の打球はランナーが阿部なら絶対に走らせないような浅めのレフトフライ。打球を見てサードランナー重信は帰塁してタッチアップのスタンバイ。レフト松山は超強肩ではない。ここは俊足重信の見せどころ。松山はキャッチからノーカットバックホーム。重信のスタートも完璧と言えよう。返球はワンバウンドでバックホーム一直線。重信はホームベース目掛けてスライディング。キャッチャー会沢キャッチから素早くタッチ。砂煙舞う際どいクロスプレー! 会沢とネクストバッター立岡が互いに審判へアピール。審判のジャッジは、アウト!

このプレーに高橋監督はベンチを出てビデオリプレー。しかし、判定は覆らずアウト。これでジャイアンツは同点を逸し接戦の末敗れた。

 このシーンを使用制限の掛かったスマホで自分なりに検証してみた。

 まず亀井の代打。球数は少なく失点1だが中盤佳境好投宮国にベテランの数々の殊勲打を放っている亀井への代打は問題ないだろう。

 亀井のバッティングだ。外角高めの変化球に手が出てしまう。事の始まりはこの中途半端なバッティングのせいだと言えよう。足の速い代走の重信は自重すれば「ここで走らなければいつ走るんだ! 」状態。ジャイアンツファンは重信なら行ける! そう確信したに違いない。重信は心の中でこう思っただろう。

「うわー全然伸びねーよ。亀井さんマジ勘弁」

亀井が打ち上げて慌てて帰塁する姿がそうな風に映った。

「これ躊躇したらダメなやつだな。走っても走らなくても監督、絶対あそこがキーポイントだったって言うんだろうな。何で今日に限って宮国好投しちゃったんだよ」

こうして重信は腹を括らざるを得なかった。

松山が落下点に入る。体勢は万全だ。グラブに吸い込まれた白球は弓を射るかの如く力強く張られた右肘からホーム目掛けて放たれる。

この時重信が動いた。

スタートは完璧。まさに走塁の神鈴木が再臨したとファンは誰もが息を飲んだ(かもしれない)。そしてその映像は神々しくかった(速度制限の掛かったスマホでは所々止まるため、完璧なフォームで走る重信が映っている時に映像が止まると背景がブレ、ナイターなので照明がフレームを明るくボヤけてさせ重信は神のように映るのだ)。

その時重信は思った。

「マジかよ。あのアンパンマンぱねぇバックホームしてきやがった。しかも、イチローさんみたいにレーザービームじゃなくほどほどの良い塩梅のワンバウンド。クソッ! いい球返すならもっとビシッとくるやつ返せよ。うわっ、会沢も良いポジショニングしてやがる。もう行くしかねぇ」

重信の脳裏には高橋監督の「若手が出てこないと」という言葉よぎった。

「嫌だ、もう二軍は嫌だ。陽が、陽が近づいてくる。来るな来るナァァァァ」

その時キャッチャーの会沢は思った。

「ナイスボール、アンパンマン任しておけ。こいつにホームは譲らねぇ。俺はイケメンがきらいなんだ〜〜〜喰らえアンパンマンからのバックホームだ、ア〜ンパ〜ンチ! 」 

会沢に躊躇はなかった。ホームをスライディングで狙う重信の顔面目掛けてカウンターを放つ。重信は弾き飛ばされる。

「やった! もうアウト、セーフなんでどうでも良いや。チョーキモチイイ! 」会沢がそう言ったかは誰にも分からないがベンチ裏で左拳を見てニヤけている会沢の姿があったとかなかったとか。しかし会沢は平然と言い放った「タッチだけは強くいこうと思った。最低限の仕事が出来ました」と。

 誰もが固唾を飲んだ判定の瞬間。

 主審の名幸は仕事熱心な職人であった。つねに毅然と公平をもっとうに審判を下してきた。その自負を胸に今日まで判定をしてきた。しかし、このプレーがその自負を揺るがす事になるとは想像だにしなかった。

「 ボールが返ってきた。ポジショニングはO.K. ランナーの走塁軌道は、キャッチングは」

名幸の目は今日も全ての挙動を見据えている。その時悪魔(会沢)が囁いた。

「こいつの顔、よく見てくださいよ。こいつを今日のヒーローにして良いんですか。またこいつにG-joが群がっちゃうな〜名幸さんて、お嬢さんいらっしゃいましたっけ? 」

名幸の心隙間に忍び込ませた。

「いかん、惑わされるな! 」

気を逸らしたその瞬間スライディングする重信と会沢のタッチ(パンチ)交錯する。その時、名幸の目に重信の顔が飛び込んだ。人気球団の今時風の若者。G-joが群がる? 会沢のいった言葉の意味をやっと理解した。

「わしの娘に手を出す気かー!」

名幸はもはやホームを見ていなかった。会沢に殴り飛ばされた重信の顔を鬼の形相で睨みつける。

「二軍は嫌だ」重信はすがるような目で名幸を見上げた。その行為は悪魔に魅入られた名幸の怒りを増幅させてしまった。

「貴様〜〜〜、誰がお父さんだ〜〜〜! 娘には近づけさせんぞ〜〜〜! 」

目の前が明るくなった。どよめきが聞こえる。青白くなった重信の顔が見える。高橋監督が近寄って来た。リプレー検証の要請だ。覚えていない。ただ右手親指に確かに自分がアウトと下した感覚がある。

 審判団が集まり協議をするなか名幸は検証画面を見ることができなかった。肝心のホームベースを見逃したなど口が裂けても言えない。

「タイミングはセーフにも見えるけど」胸が張り裂けんばかりだった。

「でもこのアングルだと微妙ですね、土煙も上がっちゃてるし」

神の救済だ。このままはっきりしなければ審判の判定通りでも通るのでは? 

「長引かせられないですよ。はやく結論を出さないと」

そうだ、決断は我々が下すのだ。グラウンドでは神なのだ! 見えないのならばやれが裁く。

 この一連の騒動はリプレー検証の結果判定は覆らずダブルプレーが成立し、カープが接戦をものにしたのであった。

 

 検証は著しく主観(妄想)に基づく物であり登場する選手、審判の言動等はフィクションであります。

 

会沢翼選手

松山竜平選手

重信慎之介選手

名幸一明審判

誠に申し訳ございませんでした。怒らないでください。